Infomation

LINEにて、子育て支援・入園情報のお知らせを配信しています。

入園案内(2019年度)

3号認定(保育園)

1.クラス定員

クラス 入園対象児 クラス定員数
2歳児クラス
(にじのくみ)
平成28年(2016)4月2日
~平成29年(2017)4月1日生まれ
10
1歳児クラス
(ほしのくみ)
平成29年(2017)4月2日
~平成30年(2018)4月1日生まれ
10

2歳児クラス(にじのくみ)

入園対象児
平成28年(2016)4月2日
~平成29年(2017)4月1日生まれ
クラス定員
10

1歳児クラス(ほしのくみ)

入園対象児
平成29年(2017)4月2日~平成30年(2018)4月1日生まれ
クラス定員数
10

2.保育場所

保育室・園庭・園外保育場所

3.開園日

月曜日~土曜日(週6日)

4.休園日

日・祝日・年末年始(12/29〜1/3)・その他園長が必要と認めた日。

5.保護者が参加・参観する行事

入園祝い会(ほし・にじ)・保護者説明会・個人面談・引き渡し訓練(年1回)・保育参観・運動会・発表会・親子遠足・園が指定した日等。

  • 運営の都合により、保護者が参加・参観する行事が変更になる場合があります。

6.保育時間と延長保育時間

(1)利用時間

  • 認定によって、保育標準時間(保育時間が11時間)と保育短時間(保育時間が8時間)とに分かれます。
7:30〜8:00 8:00〜16:00 16:00〜18:30 18:30〜19:00
保育標準時間
(11時間)
預かり保育 延長保育
保育短時間
(8時間)
延長保育 預かり保育 延長保育
  • 18:00〜19:00の保育は、預かり保育担当職員が行います。

(2)延長保育

  • 認定時間外の保育です。(認定時間を過ぎると自動的に延長保育扱いになります。)
  • 利用料がかかります。(100円/30分)
  • 18:30〜19:00は補食(パン等)の提供があります。(100円/食)
    ※利用上限額、AB階層減免あり。

(3)注意事項

  • 入園当初、園の生活に慣れるために慣らし保育を行います。
  • 19:00が完全退出です。万が一19:00を超えた場合は、30分ごとに600円がかかります。
  • 家庭での保育要件(保護者、親族等が保育を行える)を満たしている場合は、原則土曜日・預かり保育・延長保育の利用はできません。家庭での保育をお願いします。特段の事情がある場合は、職員にご相談ください。
  • 行事、自然災害等により、保育(延長保育を含む)のない日があります。

7.納入金について

(1)口座振替

5日締め・17日振替(土日、祝日の場合は翌営業日)

  • 事務手続き等の都合により、振替日が3日に変更になる場合があります。

(2)事務手数料

振替日に振替ができなかった場合
(事務手続きの都合により振替ができなかった場合を除く)
500円/回
預金口座振替依頼書・自動振込利用申込書に不備があり、再提出する場合

(3)毎月の費用

利用料(牛乳・おやつ代を含む)(下記リンクを参照) 横浜市算定額
その他の費用(延長利用料等) 0〜
合計 横浜市算定額〜

(4)2歳児クラスへの進級時の費用

教材費(進級時追加品を含む) 2,500円

(5)認定変更事務手数料

変更内容 手数料(円)
3号認定から1号認定への変更 2,000/回
2号認定から1号認定への変更
1号認定から2号認定への変更
  • 認定変更ができるのは、3歳クラスに進級後となります。
  • 認定変更は前月末にクラス定員に空きがある場合のみ可能です。
  • 1号認定に認定変更する場合は、別途施設費・保健衛生費がかかります。
    (年度内で支払い済みの場合は除く。)

(6)その他

  • 納入金を2か月以上滞納した場合は、登園停止となります。
  • 行事費、用品費等を、必要に応じて徴収します。
  • 一旦支払われた費用等は、特段の事情がない限り返金致しませんのでご了承ください。
  • 園児総合補償制度に加入を希望する場合は、パンフレットでご確認ください。
  • 入園後、経済変動・幼児教育無償化制度の開始・その他園運営等の諸事情により、納入金額の改定や追加をする場合があります。詳細は追ってお知らせいたします。

8.給食(栄養士配置、自園調理)、おやつ、牛乳、補食

  • 給食、牛乳(午前中ほしのみ給食時)、おやつ(15:00以降)、補食(18:30以降)を提供します。
  • アレルギー対応食は、職員にご相談ください。(11項をご参照ください。)
    (重度のアレルギーで個別に対応ができないと園が判断した場合、給食、牛乳、おやつ、補食を提供できない場合があります。)
  • ミルクの提供はありません。入園までに離乳を目指してください。入園後もミルクを飲ませる場合は、ご家庭でお願い致します。
  • 離乳食の提供はありませんが、食材の柔らかさや大きさなど、お子様の成長に合わせて対応いたします。入園前にご相談ください。
  • その他諸事情により、給食、おやつ、牛乳、補食を提供できない場合があります。

9.通園方法

  • 徒歩・自転車・バイク通園(近隣の方)
  • 自家用車(駐車場7台完備)
  • 公共バス(バス停「三叉路」より徒歩5分)

10.お弁当

  • 遠足、運動会、園長が指定した日等には、お弁当が必要になります。

11.アレルギー対応について

  • アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー・アナフィラキシー、アレルギー性鼻炎)をお持ちのお子様、またはアレルギー疾患が疑われるお子様は、職員へお申し出ください。お子様への配慮が必要と判断した場合は、医師の診断および指示の基アレルギー対応を行います。(提出が必要な書類があります。医療機関を受診の前にお申し出ください。)

12.特別支援・医療的ケアが必要な乳幼児の保育について

(1)お子様の育ち(発達)が気になる方へ

  • 幼保連携型認定こども園は、お子様の育ち(発達)等で支援を希望する方と、子育て支援を実施する地域における関係機関等(下記記載)との連絡及び調整、連携、協力する地域の子育て支援施設です。
    また、お子様に個別の支援が必要な場合は、保護者の方や専門機関との連携を基に専任保育教諭等が対応します。
  • どんな些細なことでも、お子様の育ち(発達)で気になる方は、担当職員にご相談ください。
    関係機関 電話番号
    戸塚区役所子ども家庭支援課 045-866-8472
    横浜市 戸塚地域医療センター 045-825-1181
    その他 児童相談所・小学校等

(2)医療的ケア・特別な支援が必要なお子様の保育について

入園前に、ご相談ください。職員配置が可能かつ、運営上保育が行える状態の場合のみ、保育(教育)を引き受けます。また、入園後に医療的ケア・特別な支援が必要になった場合は、保護者の方と相談の上、保育運営が可能な範囲で保育(教育)を引き受けます。

入園までの流れ

1.横浜市から認定を受けるまで

  • (1)園見学
  • (2)お住まいの区役所(福祉保健センター)に入園の申し込み手続きをします。

2.横浜市から認定を受けた後

  • (1)入園関係書類を、園の窓口で受け取る。
  • (2)書類を確認後、必要事項を記入。
  • (3)①重要事項の説明②書類の提出・契約・親子面談

運営規程の概要、職員の勤務体制、利用者負担、その他教育・保育の選択に資する重要事項の説明、契約します。

日 程 園が指定した日
場 所 園舎
持ち物 印鑑、入園関係書類
上履き、筆記用具

3.入園契約後にかかる費用について

4月に口座振替にて

内  容 金 額(円)
事務手数料 2,000
用品費 8,700
教材費 ①(はさみ、のり等) 3,500
教材費 ②(制作教材費、苗等) 2,500
合  計 16,500
  • 教材費 ①は貸出し教材となります。
  • 事務手続きの都合により現金でお支払い頂くことがあります。
  • 途中入園を希望される場合は、電話にてご連絡ください。

学校法人南学園 幼保連携型認定こども園 南幼稚園
〒245-0063 神奈川県横浜市戸塚区深谷町456-6
© 2011 - Minami Gakuen.